公益財団法人日本手芸普及協会 Japan Handicraft Instructors’ Association

刺しゅう部門

EMBROIDERY CATEGORY

ニュース

2022年04月01日

刺しゅう師範養成講座お申し込み機能エラーのご報告とお詫び

刺しゅう師範養成講座のWEBからのお申し込みについて、現在エラーが発生しております。 4月1日よりWEBよりお申込み予定の方には、誠に申し訳ございません。お振り込みでのお申し込みをお願いいたします。 郵便局に備え付けの払込取扱票に ...

新着記事

カリキュラム

ステッチ100

地域や時代により、様々な種類の刺しゅうの技法があります。それらの中から、色糸を使うフランス刺しゅう、リボンを糸として使用するリボン刺しゅう、ビーズをあしらうビーズ刺しゅう、布を寄せるスモッキング刺しゅう、立体的に刺すレイズドワークなど、代表的な技法を学びます。

白糸刺しゅう

白布に白い糸で刺す刺しゅうの総称です。その歴史は古く、織物の縁どりとしてはじまり、中世の教会装飾に多く用いられ、のちに一般の装飾や室内装飾にも用いられるようになりました。洗濯に耐えるように芯を入れて密に刺した結果、立体的で陰影のある清楚な日用品が多く生まれました。

区限刺しゅう

布地の織り糸をカウントしながら刺し、パターンを作っていく刺しゅうの総称です。シンプルなステッチのくり返しで幾何学模様を作ったり、絵柄を刺し埋めたりします。 多くの国で見られるクロスステッチや、地方で生まれ育まれてきたハーダンガーワークやこぎん刺しゅうなどがあります。