公益財団法人日本手芸普及協会 Japan Handicraft Instructors’ Association

レザークラフト

2022年05月26日

手縫いレザークラフト通信講座開講しました


手縫いレザークラフト通信講座を開講しました!

大好評の「スマホで学ぶ通信講座」に新しく「手縫いレザークラフト通信講座」が仲間入りしました。

開講を記念して、2022年6月末までお得なキャンペーン価格でお申込みいただけます。

ぜひこの機会にお申込みください。


お申し込みはこちらから


手縫いレザークラフト通信講座とは


天然の革はそのどれもが一点もの。同じアイテムでも、革の質感や色合い、手触りは微妙に異なり、使い方や時間経過によって風合いも変わっていきます。

また革の手縫いには、ステッチの美しさが作品の一部となる魅力があります。1本の糸で縫う独特のステッチは上糸と下糸がなく、切れてもほつれない永く愛用できるアイテムに仕上がります。

本講座では、革という魅力的な素材を手縫いで仕立てる技術を学ぶことができます。


本科カリキュラム作品のご紹介

全て本革を使用した作品で、課題として作ったあとには使う楽しみもあるものばかりです。


タッセル

切って貼るだけ。気負わずにできるタッセルづくりを通して、革の「直線の裁断」と「接着」、2つの技法を習得します。小さくても切るところの多いタッセルは、裁断の練習にピッタリ。まずは直線だけの裁断から少しずつ慣れていき、革のことや型紙のこと、用具の使い方など、レザークラフトの基本を焦らずじっくりと身に付けましょう。

トレイ

だんだん茶色になっていく経年変化が魅力のサドルレザーで、立体的なトレイを作ります。縫い糸を変えたり、アレンジしたり、課題作品でも個性が出せるのも嬉しいポイント。ここでは直線裁断よりも難しい「曲線の裁断」と「丸ギリでの穴あけ」に挑戦。装飾アレンジ方法は「刺しゅう」「刻印」、革の特性として「可塑性(変形させると元に戻らない性質)」を学びます。


パスケース

いよいよ手縫いで本格的なパスケースづくり。新しく覚える技術が満載の課題ですが、ここでは裁断済みキットを使うので、安心して仕立ての技法だけに集中して学べます。革は使い込むほど味わいを楽しめる、アメリカの老舗タンナー “ハーマンオーク” のオイルレザー。「糸の両端に針をつける手縫いの仕方」「コバ磨き」「ヒシ目打での穴あけ」など、仕立てに欠かせない技術を習得します。


L字型ファスナー財布

この課題を通して、型紙づくりから仕立てまで、手縫いでつくる基本の工程をしっかり理解することが目標です。小銭入れやマチがついて少し複雑になってきたパーツを一歩一歩ていねいに仕立てて、これまでの課題で習得した技術をおさらいしましょう。新しく「ファスナーの取り扱い」や「革の折り曲げ」「薄い革や柔らかい革の縫い方」を学習します。

お申込みの際に、3色の中からお好きな色をお選びください。


マルチミニポーチ

本科の卒業課題は、起毛した革の肌触りが心地良いミニポーチ。L字ファスナー財布やスマホを入れて、少しのお出かけに便利なシンプルなデザイン。肩紐の長さも調整して作れるので、短めにも長めにも、あなたの好みに合わせたミニポーチができあがります。「柔らかい革の裁断」「縫い糸の焼き留め」など新しく身につける技術も盛り込まれています。今後の作品づくりの幅が広がる「ミシン縫いのポイント」についても解説します。

お申込みの際に、4色の中からお好きな色をお選びください。


おすすめポイント


①最新のカリキュラム、テキストはイラストで解説

1979年にスタートしたレザークラフトのカリキュラムを、時代に合わせて2022年にリニュアルしました。全編カラー、イラストや画像も豊富でとても分かりやすいテキストに仕上がりました。

②分かりやすい動画

「スマホで学ぶ通信講座」は教材がとてもわかりやすいと好評です。

レッスン動画はなんと総収録時間4時間30分以上!経験豊富な指導者が監修して、どなたにでもわかりやすいように工夫されています。テキストの内容を余すところなく表現しており、作品制作のプロセスごとに短く編集されいているので「今日はここまでやろう」という目標づくりの目安にもなります。

③担任講師の細やかな指導

担任制なので、担当講師は受講生のくせや間違いやすい箇所を把握して指導します。質問も担任講師が回答。添削と質問回答であなたの学びをサポートします。講師の励ましの言葉で、継続して学習する意欲も沸きます。こんな質問もしていいのかなと躊躇する事でも担任制なので気軽に聞くことができます。


その他さまざまな挫折しない工夫が満載の通信講座で学んでみませんか?

お申し込みはこちらから





開講記念キャンペーン

キャンペーン期間:2022年6月末まで

受講料 39,800円(税込)のところ37,800円(税込)でお申込みいただけます

受講料に含まれる内容

  • 受講料:15,270円(アプリ配信6ヶ月・期間中のQ&A及び5作品添削採点料)
  • 教材費:24,530円(作品材料、用具一式、テキスト)
  • 含まれている用具:丸ギリ / 別たち / ビニール板 極小 / へりおとし No.2 / サンドスティック荒目 2枚入り / コバ磨き帆布 / ヘラ付ヘリみがき / トコプロ 100g / サイビノール100番 80ml / ジラコヘラ 40mm / 2本ヒシ目打 2mm巾 / 4本ヒシ目打 2mm巾 / クラフトディバイダー / 木槌 並 / ゴム板 小 / フェルト小 / 手縫針 細 / 手縫いロウビキ糸細 25mベージュ / 手縫いロウビキ糸細 5m15色セット / 銀ペン / ゴムのり300ml / チケン紙厚(厚紙)A4サイズ5枚セット
  • 送料は当会で負担します

お申し込みはこちらから



ニュース一覧