公益財団法人日本手芸普及協会 Japan Handicraft Instructors’ Association

ニットゅう部門

>

ニットゅう部門カリキュラム

多彩なアレンジと実用性の高さが魅力

ニット・カフェのブームで若い人も男性も手あみに興味を持つ今日このごろ。 ウールの糸の持つやさしさは、編む人の心をも癒します。簡単に仕上がる小物が1つできれば、 次は何を編もうかと夢が広がります。 初めて編んだマフラー、プレゼントしたセーターは心に残ります。暖かい気持ちを伝えるニットを基本からマスターしましょう。 編み方を大別すると、棒針編み、かぎ針編み、アフガン編みの3種類に分かれます。 当協会のニット部門には手編みの他、製図、魔法の一本針などのコースで様々な学習ができます。

ニット部門のコース

かぎ針編み

繊細でかわいらしいレース模様やモチーフを編むことができるかぎ針編み。手軽な技法でありながら、その作品は身に着けるものだけではなく、雑貨やインテリアにもよく使われ、私たちの生活の中に彩りを加えてくれます。

棒針編み

伝統的な編み込み模様、立体的なアラン模様、繊細な透かし模様などがある棒針編み。身近なファッションにも取り入れやすい表情豊かな編み地には、いつの時代にもフィットする不思議な魅力があります。

手編み

かぎ針編み・棒針編み2コースの指導員課程の学習を修了すると、准師範の学習をスタートできます。准師範では新しくアフガン編みや斜め編みの技法を習得します。これまで学んできた課程を復習しさらに理解を深めます。

魔法の一本針

高雄清子氏考案「魔法の一本針」は、一本の針で棒針・かぎ針・アフガン針の3技法の作品を作ることができます。「魔法の一本針」のインストラクターになるためのコースです。

製図科

編み物の製図はかぎ針編み・棒針編み・手編みの各課程で学習しますが、製図科ではより多くのアイテムやスタイルに生かせる製図法を学習します。編み物製図に興味のある方でしたら、どなたでも受講できます。

学習指導体系

手編み学習指導体系(手編み学習システム)は、かぎ針編み/棒針編みともに、「入門」「講師」「指導員」の3部です。かぎ針編み・棒針編みの両方が指導員まで修了すると手編み准師範に進むことができます。 個々の学習者が習得する進度は異なりますので、それぞれの理解度に合わせて指導が行われます。入門の最短履修期間は各6ヶ月(30時間)・講師最短履修期間各6ヶ月(30時間)・指導員最短履修時間各12ヶ月(120時間)、そして手編み准師範は6ヶ月(60時間)です。 また、資格取得の目安として、かぎ針編み、棒針編みとも指導員までの最短履修期間は各2年以上となります。

修了申請料について

課程 | かぎ針編み 学習者が納める申請料(税込)
入門科 3,300 円
講師科 19,800 円
指導員 33,000 円
課程 | 棒針編み 学習者が納める申請料(税込)
入門科 3,300 円
講師科 19,800 円
指導員 33,000 円
課程 | 手編み 学習者が納める申請料(税込)
准師範 49,500 円
課程 | 魔法の一本針 学習者が納める申請料(税込)
魔法の一本針インストラクター 3,300 円
課程 | 製図科 学習者が納める申請料(税込)
製図科 19,800 円

各課程の修了時には次のとおり申請料をおさめていただくことで卒業となります。資格を取得する目的がなく楽しむだけの学習から、資格取得のための学習に切り替えることもできます。

“スマホで学べる” 刺しゅう通信講座のご案内